ワッペンの貼り付け方

裏にアイロン接着加工が有るワッペンの場合(基本加工)

まず付けたい衣服等がアイロン熱に対応できるかご確認ください。

次に貼りたい場所を決めます。

決まりましたらワッペンを置き、上から当て布などをしてしっかり蒸気で押さえてください(20秒程度)。

蒸気で押さえた直後は、火傷をする恐れがあります。冷めるまでワッペンに触れないようにご注意ください。
接着が不十分な場合は裏面からもアイロンで押さえてください。

幾度かの洗濯によりアイロン接着が剥がれてくる場合がありますので、
アイロン接着後ワッペンの周りを縫い付ける事をお勧めします。

また縫い付ける際にはお手元にご注意ください。

(防水加工、ナイロン製の衣類にはアイロン接着の施しはできません。)

裏にアイロン接着加工が無いワッペン場合(ご希望により)

まず貼りたい場所を決めます。

その後、仮付けとしてワッペンの周りを数箇所縫い付けます。

場所が決まりましたらワッペンが取れないようにしっかりと縫い付けてください。

縫い付ける際にはお手元にご注意ください。

ホームへ戻る

ページトップ